トップ > ストレッチ(柔軟体操) > ストレッチ方法

おすすめ商品

ストレッチ方法

ストレッチでよくやりがちなのは、前屈などで、反動をつけて勢いつける動作です。

反動をつけて筋肉を無理に伸ばすストレッチ方法だと、伸展反射が起こってしまいます。

これは、伸びすぎた筋肉を障害から防ぐために、収縮させる生体防御反応であるのです。

だから、絶対に反動をつけずに、ゆっくり筋肉を伸ばしていけば、伸展反射は起こりません。

サプリメントってどこの会社なら安心できるの?
話題のセサミン・DHA・グルコサミン・青汁など・・・コチラも
ご覧下さい
サプリメントの選び方

この記事のカテゴリーは「ストレッチ(柔軟体操)」です。
関連記事

便秘に効くストレッチ

便秘に効くストレッチをしましょう。 便秘には2種類あり、精神的なストレスからなる...

肩こりのストレッチ

ストレッチ(柔軟体操):【肩こりのストレッチ】肩こりがひどくなり、頭痛や四十肩・五十肩になる前に、筋肉の凝りをほぐさなければならない。肩こりの症状には、肩関節を大きく動かす動的なストレッチが効く...

首、肩のストレッチ

『6つの基本ストレッチ』その⑥ 首、肩のストレッチで、首のこり、肩のこりをほぐし...

ストレッチの体操

ストレッチ(柔軟体操):ストレッチの体操は、一体どのくらいの時間やればいいのか?ストレッチの体操で、十分に筋肉を伸縮させ、ストレッチの効果が期待できるのは、一般的に30秒程度と言われている...